生きることをしごとにするブログ


捕鯨船で南極、アフリカで数学教師キリマンジャロ登山、ラトビア、ウズベキスタン、立命館アジア太平洋大学で日本語講師、やりたいことをどんどんやり、今に至る もうやりたいことがなくなってきたが、社会やテクノロジーの進化がすごいので、更に自分のやりたいことを可能な限り追及していくことを決意、可能な限り人生を楽しもうと決めた人のブログ

IMG_20190322_213150

「あの、すいません。
自分今歩き遍路をしていて今日泊まる場所がないので、よければ1晩泊めていただけませんか?」

スーパーで突然こう声をかけられたら、あなたはどういう反応をするだろうか?突然声をかけられたんだよ!赤の他人に!
昔の知り合いでもなんでもなく、歩き遍路をしているという訳の分からない男に突然こんなことを聞かれたら普通は多分断ると思う
多少危なさを感じるよね笑
みんな遍路慣れしてるとはいえ

でも、今日1人の男の人が、

「ああいいですよー」って!!
即決!!

みんな!!
この世に天使はいる!!天使はいるよ!!
大丈夫!!
明日からみんなが一文無しになったとしてもきっとあなたの人生も天使が救ってくれる!
俺自身が生きた証拠だ!!

正直今日も野宿でも生き延びられたと思うんだけど、野宿っていうのは結局お金を使ってるのと同じように孤独になってく道だなっていうのは思ったんだよね

このゼロ円生活っていうのは孤独になる道を選んでたらどんどん細く険しい道になっていってしまうような気がしてるから、なるべく人と生きていきたいって今思ってる。そこで今回は、スーパーで色々な人にアタックしてみようと思った。なんか感覚としてはヒッチハイクの時の感覚と似てたから、1人目いったらあとはあんまり抵抗はなかったかもしれない

15人目くらいだったと思う、恩人に行き当たったのは

話せば話すほど、めちゃくちゃいい人で面白い人でトレランをしてるんだけど、その話の世界とか自分が全然知らないことだったり詳しくなかったりしたから、自分の世界も広がった♪

しかも奇跡的に音楽の趣味があったの!!

Lagwagon, no use for a name, strung out
これらのバンドを知っている人がこの日本にどれだけいるのか知らないけど、自分は初めてあった!!
しかもそれがこんな出会いの元で出会うとは!!音楽の話でこんなに盛り上がったの初めてかもしれない、こんなに一致したのも初めてだし、お互いの知ってるバンドが本当に一致してて好きなバンドも一致しててすごすぎた笑
ギターとかドラムとかも好きで
ほんと奇跡みたいに話の合う人だった

Serartという素晴らしいバンドも教えてもらった!
民族音楽みたいなのがかなり入っててほんとに好きな音楽!!

これだけでもすごいのに、自分のゼロ円生活とか家断捨離の話とか今までの人生の話とかをしても全然引くこともなく、すんなりと受け入れてくれて、なんというかすごい心の広い人

しかもご飯まで奢ってくださった!!天使っていうかもうおたいしさまが現世に現れて俺を救ってくれてるような、そんな感じとしか思えなかったよ!!

この恩人と会話してて心に響いたのが

「高知の人はみんないい人だから絶対助けになってくれる人がいます!」

って言葉!
これ以上に安心する言葉ってある?
世界中の政府が束になってもこれ以上に人が安心するシステムを作れるとは思えない
システムには常に穴が開くからね、全ての人に万全な完全なルールやシステムは作れない

でも毎日助けてくれる人が現れる世界はどうだろう?
必要な時に必要以上に親身になって助けてくれる人が現れてくれることがわかっている世界ってもう不安になる必要がなくないか?

泊まる場所とかご飯、必要な情報、楽しい会話とかで助けてくれる人が困った時に現れてくれる世界

もうなんの心配もいらなくなるよ

で、自分はこの言葉を言われて今まで以上にさらに子の世界を信じてみようと思った!
信じて困った時には声を上げてみようと、何人かの人に声をかけていれば絶対に助けてくれる人にぶつかる世界に自分は住んでいると信じることにした!

もちろん1人になって生きることも出来る、でも人と生きていく方がより豊かな人生を歩めるような気が今はしてる

Born into the wildという映画がある
あの主人公は好きなように自由に生きて、でも最後に毒草を食べてなくなってしまった

かたや、シュベルマーさんやスエロも好きなように生きて、シュベルマーさんは寿命までスエロは今も幸せに生きている

この2人は自分の自由に生きながらも人との接点が多い!孤独にはなっていない!
だから安心して幸せに生きているのかなと思う
この気付きも友達と話してて出てきたんだよ!

1人で考えることも必要だけど、人と話して自分が研磨されることでいろいろなことにきづきやすくなるのは、みんなもわかってると思う♪
それをもっとランダムに自分の知ってる以外の世界の人と突然に結びついていく時の経験と情報の爆発力はとてつもないものがあるなという感想を今持ってる

とにかく、自分はこれからも自分の好きな道を生きながらさらに様々な人との接点を積極的に作る、濃い人間関係と濃厚な感情を交換出来るような機会を自分から動いて作っていこうと前よりも強く思った出来事だった!

この流れを強く引き寄せるものとして全部捨てて、freely give, freely receiveは強い力を発揮するんだよ!
やればわかる♪

本当にいい出会いだった!



IMG_20190323_192354
IMG_20190323_115921

IMG_7520





IMG_20190320_183150_687


今日の朝は本当に飢餓感でいっぱいだった!!
ハンドパンはもちろん重いし、たった400グラムぐらいのスリーピングバッグすらずっしりと感じるぐらい、もう体に力が入らなかった

昨日断食をしていた分、体とか心はスッキリしてたんだけれども、全然力が入らなくて、、、朝昨日お世話になった方にハンドパンの音でお礼したんだけど、上手く演奏ができなかった、、、指に力が手に入らなかったからね

今日は次の薬王寺まで22キロ歩かなきゃいけなかったけど、ヒッチハイクしようかどうか最初にすごく迷った、でもすごくいい天気だったし、何よりここでヒッチハイクをしたら今までの自分と何も変わらない、自分の冒険する力が全く培われないと思って、覚悟を決めてまず歩み出した!!

そのまま2、3キロずっと歩いて行った途中すごく静かな道があって、アスファルトの道だったんだけど、車が1台も通らなくてすごく神聖な空気と静けさに包まれた道だった

不思議!アスファルトの道だったらいつも車がどんどん通ってノイズと排気ガスだらけで全然集中出来ないのに、、、

その道を歩いてる時には飢餓も最高潮でほとんど体に力が入らないしもう心の力だけで歩いてるような感じだった
根性とかそういう精神論ではなくて、とことんの脱力と心の力だけで体を動かしてる感じ

でもその心の力だけで歩いてる時本当に自然が綺麗に見えてスッキリして心が穏やかになっていた。いつもだったら素通りしてしまう自然の綺麗さの中にも激しく美を感じられていたというか、自然に対してすごく心が開かれてなんでも美しく感じるような状態
そんな殆ど半覚醒状態というか心のまま進んでたんだよね
すごい飢餓だったんだけど、でもあんな風に美を感じられるんだったら最高の飢餓も悪くないと思えるほどだった♪

そしたらいきなり、昨日降った雨のせいか泥のせいでちょっと滑って転んだんだよね!
なんじゅう年かぶりにひざとか擦りむいて笑

で、痛みで一気に意識が覚醒した感じだった。

なんでこんなアンラッキーなことが起こったのかな?って思って、何かここに注意しなきゃいけないことがあるのかなと思ってキョロキョロしてたらおばあちゃんが1人、靴を洗っていた。

今までも道すがらご飯を求めていたんだけど、もちろんほとんどの人は断る。今回はどうなるかなと思い声をかけてみた。
白いご飯をいただけないかどうか聞いてみた

そしたら、白いご飯だけでいいの?って!!

最初白いご飯と梅干しを頂けたんだけど、それを無我夢中で食べていたらそれだけじゃなくて、お孫さんが送ってきた大量のレトルトの食べ物があって、それを自分は食べないからもしよければ持ってってほしいっていう話だった

自分は今日の薬王寺までの距離を22キロ歩いた後に、高知県までの寺80キロを歩かなければいけない!
しかもその80キロの間には民家がなくてお店もなくてほとんど二、三日かかる距離を、何もない状態で歩かなければいけなかったから、ここは本当の覚悟が必要な箇所だと思っていた

でも、ここでおばあちゃんから大量の食べ物と愛とか優しさを頂いてすごいなーって思ってたら、何か心に地殻変動のような変化が起こった

急に確信が心の中に生まれた

ここ十日間金を捨て、損得という感覚が極限まで薄れ、無限のgiveと無限のreceiveで濃密な人間同士の愛の中をたゆたっていて、ずっと心は静かで穏やかで満たされていて、でも体は本当にemptyに近い状態でどうしようもなく力が入らないところに一気にマックスまで愛とか精神的な満足感だけでなく、身体的な満腹感、充足感で満たされて一気に力が湧いて、その時に多分限界突破したんだと思う

もうお金を使わなくなって、生きていけるんだっていうことが、物凄い確信に変わった瞬間だった!!
お金を使わなくても何か所有していなくても、自分はこの世界で生きていけるんだっていう確信が心の中に満ち溢れてすごかった!

少し話は戻るんだけど!

自分が大学を卒業する時になってどんな道を選択しようかって思ってた時に、あぁ自分で道を作っていけばいいんだって気づいた時に世界が無限に広がった瞬間があって、その気付きから得られたエネルギーは凄かった!!

そして南極の冒険から帰ってきた時も極大の冒険から帰還した時に得るすごい肉体的、精神的エネルギーに満ち溢れた!

それと同じぐらいの巨大な世界への認知変化があった感覚

無限に広がってる世界の中に愛の力とか優しさの力とかが満ち溢れてて、すごい世界に自分は生きているっていうかそういうことに突然気づいたというか、、、

今まで無限に広がってた自分の世界にもっとカラフルでいいエネルギーが満ち溢れたというか、愛の力で満ち溢れてる世界に自分は生きてるんだとわかったというか、なんといったらいいのか分からないんだけど、そういうものが自分の中に確信的に芽生えてきて!!

本当に限界まで生存レベルが下がったところから一気に溢れかえったのが良かったんだと思う
サイヤ人が瀕死の状態から回復したらものすごくパワーアップするようにw

今までの積み重ねもあったのかもしれない。
実際お金なしでと十日間生きられたっていうのとか、毎日毎日色々な人が様々に助けてくれるし、今日だってこのお遍路中お腹いっぱい食べられることなんてないのかなって思ってたのに、いきなりおばあちゃんから四日分以上の食料を与えられたし

奇跡っていう言葉を使ってもいいのかも、実際おばあちゃんは今日の家に昨日も一昨日もいなくてたまたまあの時間にしかいなかったらしい、そこにたまたますごい飢餓状態の俺が通りかかって要らなくなってた食料を引き受けるなんて、奇跡と言わなければスーパーラッキーだよね!!でもそんなスーパーラッキーがこの金を捨ててから毎日毎日起こって俺は今日まで生きてこれたし、生かされてた!

つまり、これってラッキーといえばラッキーなんだけど、ここまでくると俺は直感的にこう思ったんだと思う!!

この世界は愛に満ち溢れている!!

って!!

スーパーラッキーが連続で起きるのは俺の運じゃなくって、この世に愛が溢れてるから毎日助けてもらえてるんだってこと、酸素があるからどこでも呼吸できる、太陽があるから毎日暖かい、そんな自然が当然の事としてあるように、愛が満ち溢れてるから毎日助けてもらえるっていう感覚からこの確信は出てきてると思う

言語化するとこんな感じ、でも実際はもっと瞬間に直感でそれをつかんだ!!

この無限の愛と優しさで満ちた世界で無限のgiveとreceiveをして自分はすごく自由に自分のやりたいことをしながら、幸福に生きていけるっていう確信!

そうしたらさ自然とこう思ったんだよね

ああ自分はもう自分のお金とか所有物を全部贈与してシェアして循環させて生きていけるって!
これからの俺の生き方がすごく変わるなって思った

今日のブログはそんな今までの自分の世界の限界突破をしたという話♪

最初はさー、金使わなかったら1日とか2日しか生きられないんじゃないかって思ってたんだけどね♪
こんな感じになるとは♪
人間てほんとすごいし面白いよ

IMG_7520

IMG_20190319_181813
今日は1日雨だったから、水を飲んで布団の上でゆっくり寝転がってスエロ文章でも読みながら断食してたら体も心もすーっと楽になってきた
雨の日ぐらいはこうやってゆっくり過ごすのがいいのかもしれないな、ずっと移動してると体も疲れるしなんだか疲労してくるよね
でもたまにこうやって立ち止まってゆったりとかして身体のリフレッシュを図ることもいいのかもしれない、これはこれで良い1日だと思う

断食と無農薬の新鮮野菜と新鮮な柑橘類だけを取り入れた身体に優しい心にもhandpan APU

安らかないい1日だった

IMG_20190318_183054_443


昨日自分のハンドパンの音とラーメンを交換してみて、その時はやっぱり物理的には、ハンドパンの音とラーメンを交換したっていうことなんだけども、自分の中ではハンドパンの音と人の優しさとか偉大さとかそういう凄い良いものと交換できたっていう感覚があったんだよね

で、勿論バスキングをしてお金をもらって、そのお金でラーメンを食べるっていうそういう選択肢もあるんだけど、今両方の方法を比べてみて、やっぱ交換の方が人との交流密度が異常に高いっていうことなんだよね、バスキングは、自分は演奏に集中しててその間に誰かが優しい言葉をかけてくれたり、無言でお金を置いてってくれたり、それはそれですごく嬉しいし、すごい良い言葉を投げかけてくれて置いてってくれる人にはそのお金の上に想いが乗っかってるような気がして、それはすごいありがたいことなんだ、今でもそういうお金は使えずに取ってあるし

でも、交換の時にあるその人との生身のぶつかり合いみたいなものから生まれる感情や結果やその流れみたいなものは、バスキングのものとは比較にならなくて非常に生々しくて強烈なものだった
どんな風にストーリーが転がるのか全然予想もつかないんだよね、それが強烈な揺らぎを生み出している

特にこの交換みたいなものは、お金を捨てないと出来ない交流みたいなもので、やっぱりお金を介して付き合うのは何か密度が薄い気がする、ポルカもすごくいいシステムなんだけども、お金を介しちゃうことによって何かすごい交流が薄く感じる、ポルカは凄く良いものなんだけどね

今のこの交換の、人との密度を知ってしまうと、自分はもう、バスキング、とかはできないんじゃないのかなと今は思う、わからないけどね

とにかくお金を断捨離してからの人との濃密な密度が自分の人生をどんどん大きく広くしていってくれてる気がする、自由にもなれてる気がするし

だから、なるべくこれから先もお金を使わずにお金の外に身を置いて生きていこうと思った

今日もTwitterで書いたんだけど、お金の世界っていうのはお金の中に身を置いてると凄く広い世界のように思えるんだけど、お金の外に身を置いてみるとすごく狭い世界なんじゃないのかなって今思ってる、自然とか宇宙っていうのが凄い大きな世界の流れみたいなのを作ってるのに、お金はその中の1部でしかない訳で、その1部のものを取り合って生きていくのってもう生まれた時からレッドオーシャンの中にいるようなもんなんじゃないのかなって思う、だからお金はお金としてあっていいんだけどそれだけで生きていくっていうのはこの世界の1部分しか味わうことができないしそれは何か生きてく上でもったいないんじゃないのかなって、お金の外に出て見たら物凄い巨大な世界がまた広がっていて、素晴らしい世界が広がっていて、自由な世界が広がっているっていうのを今なんとなく感じてる。それがこれから先も断金を続けていくことで、もっとはっきりした感覚になってくるんだと思う。なんにしても断金の威力は本当に素晴らしい、凄すぎてやばい、人生が何段階も上に楽しくなってきた♪

IMG_7520

IMG_20190317_144406

今日は本当に試練の1日だった、天気が悪いし、風も強いし寒いし、昨日食べた菓子パンの毒みたいな油によって、ずっと気持ちが悪かったし、ずっとご飯も食べてなかったからフラフラで、本当にヤバイ感じだった

なので、今日は本当に前々から思ってた交換をやってみようと思って、レストランなどに飛び込みで入って、ハンドパンの音と交換にご飯を分けていただけないかと繰り返し聞いてみた

勿論だめだ、これはハンドパンが有名じゃないとかそういうことじゃなくって、いきなり飛び込みの人間が来て演奏する代わりにご飯を食べさせて欲しいなんて無茶難題だ!

俺だって本当にそんなの受け入れるかどうかはわからない

なので、何軒か回っても断られて、それも当然のことだと思って次に次にと回っていった

今日本当に何も得られなかったら金断捨離が終わるというか、お遍路さん自体が終わってしまうようなヤバさもあった

そうしたら1件のラーメン屋さんで尋ねたら即オッケーしてくれるところがあった

いいですよって!!

それだけでも喜びに満ち溢れた

自分の演奏中お店にかかってた音楽も消してくれて、すごい静かな中で演奏させてくれて、それもすごい感謝

自分が一通り演奏終わったあと店員の皆さんで拍手してくれたのもすごい嬉しかった

出来上がってきたラーメンもすごい嬉しくて、その味をラーメンを頂いただけじゃなくて感謝の気持ちとか人の優しさとか色々いい物を自分の体の中に吸収することができて本当に今幸せで感動してる

最後も店員の皆さんでお見送りしてくれて、こんな優しさに触れられるのもお金を全部捨ててお金の外側の世界にいるからだと思う

お金があったらこんなに限界にまで落ち込まないと思うけど、でもその代わりにこの最大級の感謝とか喜びみたいなものもまた味わえないと思う

こうした人の思いと優しさで自分のお遍路の旅は続いていっている

途中で体調を崩さない限り辞めないつもり

本当に本当に本当に人に感謝する1日だった、食べ物にこんなに感謝したのも初めてかもしれない

本当にありがとうございました!!


IMG_20190317_143812

IMG_20190315_160639


今こたつにあたりテレビを見ながらぬくぬくとこのブログを書いている

だいすけもうお遍路をギブしたのか?と思わないでいただきたい

この4日間思考が全停止して寒いという感情以外出てこない夜を夜明けまで過ごしてきた
今日もそんなふうに過ごせば体調が悪くなるような予感があった、食事もほとんどが柑橘系と野草からなっていたし何より寒さで夜眠れないのが危ないと思った

今日は積極的に声をかけて、どこかのお宅に泊めていただこうと思っていたけど、今日のルートは山越だったからほとんど民家がなく声をかけるチャンスすらなかった

今日は太陽が自分たちに無償で光を与えてくれるように、森や山で出会った人達にハンドパンの音色を無償で与えていた

みんな初めて聞く音色に感動して、その感動している姿にこちらもすごく嬉しくなったりすごくいい感情の交換があった♪

12番目のお寺に音を奉納した際に住職の方にも感謝され、嬉しさも高まった♪

次のお寺まで22kmあるのでどこかでとまって明日お寺に行こうと思って、民家を探すけど、ほとんどの家が空き家だった、、、
こんなにも空き家だらけなのかとびっくりする

車の方に聞いたり、工事現場の方に聞いたりしても善根宿の場所は分からない

また初日にあったような東屋があった
風も防げない極寒の場所、雨だけ防げるかもしれないような感じ

今日ここに泊まったら体調を崩してお遍路のたびもここで終わってしまう予感があった
ここよりも酷い状況になるかもしれないが勇気を出して前へ、でも本当に空き家しかなく、、、雨も多少降ってきて、、、そのとき車で通り掛かった人が近くの宿まで送ってあげようかと聞いてくれた

自分は誘惑にかられたけど、自分の冒険を最後まで続けようと丁重にお断りした
そして歩いて1分後今の家の方に出会い今日泊めていただけることになった
しかも使っていない一軒家を丸ごと使っていいとの事、水や電気は来ている

今であった人間をここまで信用して使わせてくれるその優しさと人間の大きさに感動した

しかもその方は今この時間しかここにいなかった

今日ハンドパンで色々な人に音をgiveしなければ、車を断らなければ、休憩時間が長かったり短かったりしただけでこの方には会えなかった

そして東屋を去る勇気や次へ進みもっといいものを探す勇気がなければ出会えなかった

最後まで自分の冒険を信じ続けることで出会えるものもある!
それを今日学んだ!!

全てのタイミングが奇跡のようにかみ合った日だった!!

音の巡礼、金断捨離生活、本当にすごい冒険の毎日を自分に与えてくれる!!
IMG_20190315_170110

IMG_20190315_111901